映画【ローレライ】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 太平洋戦争末期に「ローレライシステム」という視覚化するソナーを装備した日本軍の潜水艦が第3の原爆投下を阻止する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭でいきなり出航シーンもなく海原を進む潜水艦。130分もある映画だけど展開が早くて次々に障害が起こってそれを突破していくエンタメとしてとても面白かったです。
 第3の原爆を阻止するという目標に向かって、新型ソナーを搭載した潜水艦。その新型ソナーのビジュアルもカッコいいし、砲台がついてる潜水艦が急浮上して砲撃するという構図だけで盛り上がります。
 潜水艦内にもアメリカと通じる者がいてクーデターが起こったり。迫力ある特撮の戦闘シーンに釘づけて興奮しました。

 ただ展開が早いので飽きずに見られる反面、主要キャラクターたちの背景がほとんど描かれないのでもったいなかったです。そのため死ぬかもしれない戦いの悲壮感が伝わってこないのが残念でした。 
 それに事件を首謀する浅倉大佐の思惑がイマイチわかりにくいのがマイナスでした。無能な戦争指導者たちへの怒りというのはわかりますが、だからって東京に……。

 重厚な戦争ものを期待すると肩すかしかもしれませんが、荒唐無稽なSF架空戦記ものとして盛り上がる映画で130分楽しめました。

☆☆☆

鑑賞日: 2014/02/08 Hulu  2019/07/31 DVD

監督樋口真嗣 
脚本鈴木智 
原作福井晴敏 
出演役所広司 
妻夫木聡 
香椎由宇 
柳葉敏郎 
堤真一 
石黒賢 
佐藤隆太 
國村隼 
ピエール瀧 
小野武彦 
鶴見辰吾 
伊武雅刀 
橋爪功 
阿川佐和子 
上川隆也 

コメント

タイトルとURLをコピーしました