映画【リトル・フォレスト 夏・秋】感想

TSUTAYA TV
スポンサーリンク

●こんなお話

 山奥で自給自足の生活をする女の子の姿を追いかけた話

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公が自分で野菜を育てたり山で何かを取ってきて料理をしたりする姿を淡々と描いていく映画で、まったりとした作風でした。
 画面が綺麗でニッポンの美しい風景が堪能できる画面でそれを見られるだけで満足な作品だったと思います。

 コンクリートジャングルに生きるボクにとってはこういう生活は実際は大変だろうなと思いながらも憧れちゃうファンタジーで、憧れの気持ちにさせてくれてほっこりとさせてくれる作品でした。
 話も主人公の一人称で進んで台詞も少なく、彼女が過去に都会で何があったのか幼少時代に何があったのかが挿入されていくという構成。

 ただ個人的には、淡々と料理をする姿を映したりしてほっこり。という作風より、もっと何かしらの障害などを突破していく動きがある作風のほうが好きなので、煩わしいことを忘れさせてくれる映画なのでそれだけで満足ですが、面白いかと言われれば首をかしげてしまう1本でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/02/10  TSUTAYA TV

監督森淳一 
脚本森淳一 
原作五十嵐大介
出演橋本愛 
三浦貴大 
松岡茉優 
温水洋一 
桐島かれん 
タイトルとURLをコピーしました