映画【ボクたちの交換日記】感想

☆☆☆

●こんなお話

 売れない芸人さんが交換日記をする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 頑張ってるけどなかなか売れなくて悩んでどうするのか? 夢を追いかける人、夢を手にした人、そして夢をあきらめた人。誰もが背中を押される残酷だけど暖かくもある映画でした。

 序盤から交換日記をモチーフにしてるため、自分たちの気持ちをバンバンとモノローグで説明するため。ちょっと説明すぎかな? とも思わなくはないですが。バンバンと場面が切り替わっていく序盤なんかは見てて気持ちよかったです。

 悩みながらも漫才大会を目標に頑張る中盤まで。ところがあることがきっかけで、コンビ解散の危機。
 中盤からマイナスな展開になって、それが最後まで続くので。ちょっと序盤の勢いがあっただけに、最後まで静かな展開になってしまったのでダルく感じてしまう部分もありました。

 主人公の1人は恋人に昼も夜も働かせ、自分はバイトもせず、そしてネタも書かない。ちょっと甘やかせすぎで、見ててイライラします。これが後半意味あることなんですが、もうちょっとこの人はこの人なりに頑張ってる姿を描いてほしかったです。ただ、守るべき者ができたとき愛する者ができたとき追いかけてる夢をどうするのか? という決断をする勇気。そのテーマは素晴らしく、その見せ方の過程も面白く見れました。

 後は、お金持ちの描き方がへたっぴで。ある人物がお金持ちになって、豪邸に住んでますが、料理とかナイフにフォーク使ったりしちゃって。貧乏くさいお金持ちの描かれ方なのが笑ってしまいました。お金持ちのイメージそのまんま。

 漫才やコントのシーンも主人公たちの日常がネタになっているのも笑ってみてました。
 主人公たちの気持ちの繋がってるときは、一緒に並んで水泳して。離れていくときは別々の方向に向かって泳ぐという象徴的な水泳のシーンとかもよかったです。

 人生の励みになる映画でよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2013/04/07 TOHOシネマズ南大沢

監督内村光良 
脚本内村光良 
原作鈴木おさむ
出演伊藤淳史 
小出恵介 
長澤まさみ 
木村文乃 
川口春奈 
ムロツヨシ 
大倉孝二 
佐藤二朗 
佐々木蔵之介 
ベッキー 
カンニング竹山 
0
タイトルとURLをコピーしました