映画【きけ、わだつみの声 Last Friends】感想

Kike wadatsumi no koe Last Friends DVDorBlu-ray

●こんなお話

 現代のラグビー部の大学生が太平洋戦争中にタイムスリップして戦場を体験する話。

●感想

 いきなり現代のラグビー場から戦時中にタイムスリップするオープニングに驚きます。このスタートでいいのか戸惑うツカミです。

 南方で戦う主人公達は、特に戦うわけでもなく。流れ着いたら、そこは野戦病院で。そこに他の部隊の日本兵がやってきて、この悪い連中がやってきてのリアクションしかせず。どちらかというと外野から戦争を見ているという視点になってしまった感じに思えました。
 現地人を殺し、レイプしようとする日本兵も出てきたりしますが。これを止めるのが主人公達で、主人公達は正義として描かれますが。人間なら、どちらにもなってしまいそうで。主人公達は、人格者として描かれるのもちょっとぬるいかなぁと思ってしまいます。残酷性も人格者としての一面も両方持った人物が出てこないのがいまひとつだと思いました。

 さっきまで元気だったのに、簡単に飢えてしまったり。特攻隊の人も、すぐに飛び立ってしまうので2時間で描くにはそれぞれのパートが短く感じてしまったのがイマイチで。もう少し、1つ1つをゆっくりと描いたのを見たかったです。

 緒方直人さん演じる逃亡する学生のパートが1番よくわからず、場所がポンポンと飛びまくって驚きます。最初と最後は一体なんだったのか?

 とはいえ、負傷兵を置き去りにしたり。飢えによって、人間を食べたりと。悲惨な映像が出てきてショッキングでした。

☆☆☆

鑑賞日:2011/08/22 DVD

監督出目昌伸 
脚本早坂暁 
出演織田裕二 
風間トオル 
仲村トオル 
緒形直人 
鶴田真由 
的場浩司 
タイトルとURLをコピーしました