映画【JAPAN IN A DAY】感想

☆☆

●こんなお話

 2012年の3月11日に撮影された8000本の動画を集めて編集した映像。

●感想

 特にストーリーもなくただただ撮影した人たちの動画が垂れ流すだけ、ただ繋いでるだけでは観客の感情を盛り上げるような構成でもなく……。津波で家族全員を失った男性の語りとか隣人を亡くしてしまった老夫婦とか辛い動画もあるんですが。それと同時にバカ騒ぎする若者たちやら迷惑行為をする人たちが映ったりして不快な気持ちになりました。

 8000本の動画をつないでるので、難しいとは思いますが映画としては失敗していると思います。とはいえ、素人さんが撮影した動画をスクリーンで見れてしまうというのも考えるもので、プロが撮影しなくても見れてしまうものを作れてしまうというのは何とも不思議な気持ちにさせてくれる映画でした。

☆☆

鑑賞日:2012/11/11 東京国際映画祭

監督フィリップ・マーティン 
成田岳 
製作総指揮リドリー・スコット 
トニー・スコット 
0
タイトルとURLをコピーしました