映画【花様年華】感想

In the Mood for Love Netflix

●こんなお話

 同じ日に同じアパートに引っ越した既婚男女が親しくなっていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 衣装や美術の濃い色淡い色のコントラスト、音楽、役者さんたちの立ち姿、目の動きで表現する大人のビタースウィートな映画でカッコいい映画でした。

 アパートに引っ越してきた女性と同じ日に引っ越してきた男性が隣人同士になる。男性は出版社で働いて妻は出張ばかりで家にあまりいない様子。女性は社長秘書をしていて、こちらも夫が海外出張をしているのか家に帰宅していない。

 声だけでどうやらお互いの伴侶が不倫しているのを見せていきます。ここらへんが細かいカットや暗転を繰り返して表現していきます。主人公同士が知り合って、関係を深めるけれど一線を越えずにプラトニックな不倫として関係が続いていきます。トニー・レオンの流し目やマギー・チャンの動きの表現で描いていて素晴らしいです。

 時が流れ2人が別れてそれぞれが別れ別の道へ。不思議な空気感がさすがのウォン・カーウァイ作品の雰囲気が抜群の映画でした。 

☆☆☆☆

鑑賞日:2021/05/07 NETFLIX

監督ウォン・カーウァイ 
脚本ウォン・カーウァイ 
撮影クリストファー・ドイル 
リー・ピンビン 
出演トニー・レオン 
マギー・チャン 
レベッカ・パン 
ライ・チン 
スー・ピンラン 
0
タイトルとURLをコピーしました