映画【ドッペルゲンガー】感想

DVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 人工人体を開発する主人公の目の前に自分の分身が現れて、どっちがどっちかわからなくなってくる話。

●感想

 デジタル撮影のいいところなのか、ドッペルゲンガーが画面分割になって同じ画面にいるという表現が面白くて、たばこの煙の表現とか撮影方法の裏側が気になってしまう映画でした。

 話も最初はホラー映画かという演出で怖そうかなと思ってみていると、だんだんとコメディ映画になっていくといういろんなジャンルが混ざったごった煮映画でさすがの黒沢清監督作品らしい摩訶不思議映画でした。

 単純にストーリーが楽しくて、開発した人工人体を高く売ろうとするロードムービーとして楽しくて、高額な機械を奪い合うサスペンスものとして興味深く見ることができました。

 どっちが本体でどっちがドッペルゲンガーなのか疑心暗鬼になりながらも混乱しながらも柄本明さんが人生に希望を見出した途端の結末に爆笑してしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/05/02 DVD

監督黒沢清 
脚本黒沢清 
古澤健 
出演役所広司 
永作博美 
ユースケ・サンタマリア 
柄本明 
ダンカン 
戸田昌宏 
佐藤仁美 
鈴木英介 
タイトルとURLをコピーしました