映画【唐人街探偵 NEW YORK MISSION】感想

Detective Chinatown Vol 2☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 ニューヨークにやってきた主人公が唐人街のドンから孫を殺害した犯人を見つけるように依頼されて連続殺人鬼を追いかける話。

●感想

 中国の勢いを感じさせるニューヨークロケな映像が楽しく、ニューヨークの有名スポットを主人公たちが駆け抜ける姿を見てるだけで楽しい気持ちになる1本でした。

 叔父さんにニューヨークに呼びだされて結婚式かと思いきや、嘘で世界の探偵が集められて唐人街のドンの孫が殺害されたので犯人を見つけてきたら賞金。ということでおじさんと甥っ子だかの天才とバカコンビが事件解決に向けて頑張るという。

 主人公が画面上に文字が浮かんできたりCGのニューヨークの街を動かして次の犯行の場所や時間を探っていくとかの映像表現とかも楽しく見ることができました。クライマックス前の主人公が今までのヒントをもとに犯人像を浮かび上がらせて次の犯行の場所を推理するとかも普通に盛り上がることができました。事件解決後にももうひと盛り上がりあって主人公の推理というか超能力みたいな真相究明とかもなぜそこまでわかったのだろう? と思わなくはないですが、単純にその場ではなるほどなぁと面白かったです。風水や陰陽五行などを取り入れた捜査も面白く見れました。

 ただゴリゴリのチャイナコメディなので主人公のおじさんのほうとかは明らかにオーバーアクションオーバーリアクションを連発で、そういうのって笑えるのだろうか? と全体的には笑いはつらかったです。女装して危機を突破するとか中国14億人は笑えるのだろうか。推理を発揮して「次はあの場所だ」と移動するたびにドタバタが入ったり。ニューヨークの街をカーチェイスしたりお馬さんで移動したりというのも正直全部カットしても話は繋がるのではかろうかと元も子もないことを考えてしまいました。

 基本、捕まってどうしようもないときに主人公は真相に近づいて残り時間わずかだというのが繰り返しでそれをどうやって突破するのだろう? という面白さはあってよかったです。特にクライマックス前の探偵仲間たちが警察署を脱出するのにみんなが頑張るというのもよかったです。

 日本代表の妻夫木クンも序盤で英語と中国語で結構長い台詞で話を転がしていてニコニコしながら見ることができました。ただあっさりともう事件解決と日本に帰っちゃうのとかは残念ではありました。

 笑いとかはあんまりわからなかったですが、最後にスタッフキャストみんなでダンスをするというだけでなんか楽しい気持ちになれる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/11/18 キネカ大森

監督チェン・スーチェン 
脚本チェン・スーチェン 
出演ワン・バオチャン 
リウ・ハオラン 
シャオ・ヤン 
ナターシャ・リュー 
シャン・ユーシエン 
ワン・シュン 
妻夫木聡 
マイケル・ピット 
タイトルとURLをコピーしました