映画【D-TOX】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 連続殺人鬼に恋人や同僚を殺されてアル中のFBI捜査官のスタローンが療養施設で再び殺人鬼が襲ってくる話。

●感想

 雪で閉ざされた環境で1人また1人と殺されていって疑心暗鬼になって疑いを持ち始める。という一定の面白さは保障された設定のはずですが、何とも微妙な映画でした。閉ざされた施設での登場人物たちの紹介が一瞬で終わって誰が誰だかわからないわりに映画の半分くらいまで時間を使っていてテンポが遅く感じるし、それでいて描き分けが足りないしので、1人また1人と殺されていっても誰が殺されたのかとかもわからなかったです。

 疑心暗鬼になってもう誰も信じられないという状況になったりするお決まりの展開ですが、真犯人がわかっても「そうだったのか!」という驚きは少なく。むしろどうしてその人なのか。などの背景がこれまた全くわからないので退屈で誰がどうなろうと知ったこっちゃないと冷たい視線で見てました。

 もう少し登場人物たちをしっかりと描き分けでから殺人事件が発生して推理していくというものを見たかったです。それでいてハリウッド映画らしい迫力のアクションシーンとかも混ぜてもらいたかったです。スタローン主演だけどもアクション自体は少ないのも不満に感じてしまう原因でした。

☆☆

鑑賞日: 2017/05/19 Blu-ray

監督ジム・ギレスピー 
脚色ロン・エル・ブリンカーホフ 
原作ハワード・スウィンドル 
出演シルベスター・スタローン 
チヤールズ・S・ダットン 
ポリー・ウォーカー 
クリス・クリストファーソン 
クリストファー・フルフォード 
ジェフリー・ライト 
トム・ベレンジャー 
ロバート・パトリック 

コメント

タイトルとURLをコピーしました