映画【ちはやふる -上の句-】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 競技かるたに打ち込む高校生たちの話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 競技かるたというあまり見たことない競技をモチーフにしてダメダメな人たちが集まって練習して試合に挑むというもので、テンポよく進んでいくので熱くなる作品でした。 
 和の音楽に合間に挿入されるアニメーションとかドローンを使った映像とか印象に残る場面が多いのもよかったです。 

 冒頭からハイテンションでコメディお芝居が続いてグッタリしてしまいましたが、見ていくうちにかるた部を応援してしまう自分もいて青春映画として楽しめました。主人公たちの片思いだったりも主人公と観客だけ知っている思いとかがあって、それで主人公に感情移入しちゃう作劇だったりも王道だけど決まっていたと思いました。 

 ただメインとなる競技かるたの描かれ方がイマイチわからなくて、競技かるたの面白さが伝わってくる映画なのかと振り返るとそうでもなくて、ルール説明はさらりと行われますが、それがあっても何だかよくわからず。クライマックスの強豪校との戦いも何をしているのかわからなくて、なぜ勝ってなぜ負けるたのかとかもわからなくておいてけぼりだったし。そもそも今何をしているのかとかもボケッとみているだけではわからなかったです。 

 とはいえ、ちょっと泣きそうになってしまう映画でもありました。 

☆☆☆

鑑賞日: 2016/04/02 チネチッタ川崎

監督小泉徳宏 
脚本小泉徳宏 
原作末次由紀
出演広瀬すず 
野村周平 
真剣佑 
上白石萌音 
矢本悠馬 
森永悠希 
清水尋也 
松岡茉優 

コメント

タイトルとURLをコピーしました