映画【アルゴ】感想

ArgoU-NEXT
スポンサーリンク

●こんなお話

 イランのアメリカ大使館が占拠されて隠れたアメリカ人たちをCIAが映画クルーに化けさせて脱出させようとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 1979年当時の雰囲気が再現されていてファッションや画質なども荒い感じで当時のアメリカやイランを体験できて、かつ昔ながらのハラハラドキドキ満載で楽しい120分でした。

 頭で当時のイランとアメリカの情勢があって、アメリカ大使館がイランの人たちに囲まれていてパニックになっている。この時、警備隊の隊長さんみたいな人が「話してくる」と外に出ていってあっという間に捕まって「助けてくれー」という。一体何がしたかったんだという警備隊ですが、そこから乱入して占拠されてしまう。6人の大使館員だけがカナダ大使の家に逃げ込んでかくまわれるので、見つからないように脱出させるという。

 絶対に不可能に近いミッションを計画して、ハリウッド業界のツテに頼んで協力者を集めて実行しようとイランに主人公が単身乗り込んでニセ映画計画脱出大作戦を説明して結構しようとするけれど。直前で中止になる。主人公は決行しちゃって、上司たちが慌てて許可を後追いで出すという。結構主人公の無茶で話が進んでいました。

 バレずに脱出できるのかというハラハラドキドキで引っ張る障害の設定でそれはそれで面白いですが、何百回もやり尽くされたかのような障害の設定の連発で既視感あるような展開、しかも主人公たちの機転やアイデア、努力で突破するものでもなく、普通にとぼけたり待ったりするしかないのがいまいち盛り上がりに欠けると感じてしまうところもありました。電話に出ないといけないのに出られないどうする? とかでも普通に間に合ったり。クライマックスの空港でもいろいろ障害を突破していきますが、ほとんど何をすることでもなく。最後の最後にアメリカ人の顔がバレて滑走路でカーチェイスになるとかもありえなさ度が増してしまうハラハラドキドキのサスペンスの設定が気になっちゃいました。

 そしてひたすらアメリカ人をかくまったカナダ大使夫妻が1番すごいのではと思ってしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2012/10/27 イオンシネマ多摩センター 2021/01/21 U-NEXT

監督ベン・アフレック 
脚本クリス・テリオ 
出演ベン・アフレック 
アラン・アーキン 
ジョン・グッドマン 
ブライアン・クランストン 
タイトルとURLをコピーしました