映画【亜人】感想

DVDorBD

●こんなお話

 死んでも何度でもよみがえる【亜人】と呼ばれる新種が内輪もめする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 「日本のアクション映画」としてみれば、なかなか迫力があって、しかもそれを全面に押し出した割り切った映画なので、アクション班やCG班の力でここまでできるんだと楽しんでみることができました。
 ただそれは「日本のアクション映画」という部分を外すとほかに腐るほどこの映画よりも激しくて燃えるアクション映画はあるので、これといって盛り上がらないまま終わる100分間でもありました。 

 つまりアクションシーンで盛り上がることができなければ、ほかの部分はもっと盛り上がることができず。むしろアクションに特化させている映画なので弱い部分だけが強調されてしまっている風に感じてしまいました。 

 主人公はカタキ役の亜人に救い出されますが、カタキ役が人間を虐殺しているのを見て一緒になることを拒否しますが。その理由が「単純にカタキ役が嫌いだから」という理由だけで対立するのとか、そもそもカタキ役の目的もよくわからず、単なるテロリストにしか見えなかったです。もっと亜人の人権を守るための行動を見たかったです。 
 政府関係者もなかなか亜人対策ができていなくて、亜人と戦うのにバカの一つ覚えてで銃撃戦をやるだけなので、もっと他に戦い方があるのではないかとか思っちゃいました。亜人同士の殺し合いをしたあとに頭をカットしてドラム缶に入れちゃうとかやっていたので、結構簡単に亜人をとらえることができそうですが、この映画の特殊部隊の方たちは対策が思い浮かばなかったようです。 

 亜人が使う黒い幽霊も謎で説明がほとんどないので、主人公だけが何体も出せるとかの設定がいかされていなかったです。政府に使える亜人とかもなぜ今のポジションにいるのかとか亜人VS亜人や亜人VS人間といった対立を描ければもっと深みのある映画だと思いました。 

 やっぱり銃撃戦とかはおもちゃの銃を撃っているだけにしか見えず、肝心のアクション映画の迫力も海外の映画に負けちゃっていて盛り上がらなかった映画でもありました。

☆☆

鑑賞日: 2018/04/22 Blu-ray

監督本広克行 
脚本瀬古浩司 
山浦雅大 
原作桜井画門
出演佐藤健 
玉山鉄二 
城田優 
千葉雄大 
川栄李奈 
浜辺美波 
綾野剛 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました