映画【座頭市あばれ火祭り】感想

DVDorBD

●こんなお話

 闇の将軍と対立することになった座頭市の戦いの話。

●感想

 大名行列で本当の大名みたいなことをして、自分の気に入らない人物を簡単に葬り去る闇公方。しかも座頭市と同じ盲目でカラーコンタクトを入れてる森雅之さんがめちゃくちゃ存在感があります。
 そしてもう1人、自分の妻が人身売買にかけられ妻を救出した市が一晩過ごしたこと思い込み憎しみだけで市を殺そうとする浪人に仲代達矢さん。

 話の展開には、なぜそこまで市がヒロインである大原麗子さんに熱心になるのかとか漫才コンビのやりとり長すぎだとかピーターさんの「男になる!」というくだりも果たして必要だったのか? もっと言えば仲代達矢さんもいらなくても話が繋がるような気もしちゃいました。

 が、湯屋で真っ裸の市に何十人も襲い掛かるピンチだったりヒロインと歩いていて襲われあっという間にやっつけて、何事もなかったかのように仕込み杖をしまう市だったり。めちゃくちゃカッコいいシーンあって最高です。
 クライマックスも盲目同士が囲碁をパチパチと指して、突然笑い無言。池の小島に市を置いてそこで竹の先にろうそくをつけて市を燃やそうとする作戦。そのピンチをどう切り抜けるのかという面白さ。そっから復活する座頭市のカッコいいこと。

 まさに娯楽映画の真骨頂の映画で90分時間を忘れて見れちゃう映画でした。そして、吉行和子の綺麗なこと、妖艶すぎて凄かったです。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2014/04/08 DVD

監督三隅研次 
脚本山田隆之 
勝新太郎 
原作子母沢寛 
出演勝新太郎 
仲代達矢 
大原麗子 
ピーター 
森雅之 
西村晃 
吉行和子 
田中邦衛 
近藤洋介 
金田龍之介 
なべおさみ 
0
タイトルとURLをコピーしました