映画【日本列島】感想

A Chain of Islands DVDorBD

●こんなお話

 米軍基地所属の白人男性が水死体で発見される。米軍基地の調査官の主人公が友人の記者や刑事たちと捜査をしようとするけど、アメリカ側が勝手に遺体を持ち帰ったり様々な妨害に遭ったりして、背後に巨大な陰謀がうごめいているのを掴もうとする話。

●感想

 戦後の混乱期にアメリカの諜報機関やニセ札製造を巡って捜査をしようとするけど、アメリカの占領とそれに何もできない日本人たちという。何ともいえない気持ちになる映画でした。
 主人公たちが聞き込みなどをするたびに米軍機のエンジン音が爆音で流れたり、背後に真っ黒に沈んだ国会議事堂が意識的に印象的に映し出されています。

 ただ主人公たちが巨悪に立ち向かうわりにはチームで動くわけでもなく、バラバラに動いていくので戦っている感じをあまり受けにくい感じでした。社会派で行くのかエンタテイメントで行くのかがどっちつかずな印象でした。

 白黒も効果的で砂ぼこりや登場人物たちの表情の陰影が見てるだけも息苦しさを倍増させていて素晴らしい撮影でした。
 米軍占領下での殺人事件になすすべもない怒りや虚しさを感じられる映画でした。沖縄へ行った主人公の末路。そこから再び立ち上がろうとする監督の決意が感じられる最後でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/07/02 DVD

監督熊井啓 
脚色熊井啓 
原作吉原公一郎 
出演宇野重吉 
二谷英明 
鈴木瑞穂 
芦川いづみ 
木村不時子 
紅沢葉子 
西原泰子 
北林谷栄 
0
タイトルとURLをコピーしました