映画【やくざの墓場 くちなしの花】感想

DVDorBD

●こんなお話

 アウトロー刑事の破滅の話。

●感想

 冒頭、ヤクザの喧嘩の間に盗みを働いたところをヤクザに見つかってボコボコにされる。そのヤクザの後をつける主人公。何をしてるのかと思いきや、そのヤクザを捕まえて警察手帳を出す。実は警察だったという。最高のオープニングでした。
 この主人公の刑事、かつて犯人を射殺してその情婦を自分の女にしてしまうような男。その女との手切れ金を手に入れるために博奕に手をつけ、そっからヤクザとの癒着を行ってしまうという。
 ひたすら主人公が堕ちていく様子が描かれていきます。

 そして主人公が堕ちていく様子ともう1つ描かれるのが主人公と義兄弟の契りを交わすヤクザは在日朝鮮人で、ヒロインは朝鮮人と日本人のハーフ。主人公は大陸からの引揚者で、いじめられた過去がある。そのためマイノリティ同士での繋がり。

 元刑事の天下り先の会社との抗争なんかも描かれ、ヤク漬けにされちゃう主人公。とことんマイナスな方向に行ってしまうのが凄いです。
 ただ、ラストシーンが謎で。カタキ役を射殺した主人公が、外で待つヒロインのもとへ向かうと背後から撃たれて倒れ撃った刑事にVサインをして終わるというのが謎でした。
 何で撃った相手にピースしてんだと。タバコ吸いたいのかな? と思ってみたまま終わりました。
 笠原和夫さんの著書【昭和の劇】を読むと、シナリオだと外で待ってるヒロインにピースをしたところを背後から撃たれて終わりらしいのですが、映画だと全く別の意味になってしまっているという。
 
 ひたすら自分のために動く主人公が魅力いっぱいの映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2013/03/24 DVD

監督深作欣二 
脚本笠原和夫 
出演渡哲也 
梶芽衣子 
藤岡琢也 
今井健二 
矢吹二朗 
小林稔侍 
松本泰郎 
檀喧太 
奈辺悟 
丸平峰子 
有川正治 
八名信夫 
島田秀雄 
藤長照夫 
志茂山高也 
大島渚 
成田三樹夫 
芦田鉄雄 
藤岡重慶 
室田日出男 
金子信雄 
川谷拓三 
白川浩二郎 
笹木俊志 
井上茂 
佐藤慶 
林彰太郎 
成瀬正 
白井孝史 
友金敏雄 
笠原和夫 
織本順吉 
菅井きん 
野口貴史 
八木孝子 
中村錦司 
片桐竜次 
梅宮辰夫 
0
タイトルとURLをコピーしました