映画【シックス・デイ】感想

THE 6TH DAY Netflix

●こんなお話

 民間ヘリパイロットが家に帰ったら、自分がもう1人いて唖然としているところに暗殺者たちに狙われたので真相を探っていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 普通に生活して仕事をして帰ってきたら自分がもう1人いて家族と幸せそうにしている。というツカミがよくて一体何が起こってどうなっているんだという最初の展開から興味深く見ることできました。SFとして近未来の生活もキャッシュレス決済とかお気軽に通販、バーチャルな広告などリアリティあるものでよかったです。ちゃんと社会生活を描いているのが好感が持てました。

 ただ社会生活はよく描けているのに、ビームがピュンピュン撃ちあうというのとかは相当難しいのかきなり安っぽくなっちゃうのとかがどんどん残念な気持ちになりました。

 シュワちゃんなので仕方ないですが、普通のパイロットだったのにガンガン銃を撃ってカーチェイスをして首をへし折って、どんどんと敵の中枢のラボに忍び込めちゃったりとお気軽アクションとなってしまっていました。クローン技術の問題を描いていて、クローン推進派であるカタキ役が上から目線で人間を作ってやる精神で演説したり、クローンの博士が愛する妻を失ってクローン技術で人間を作るべきでないと語ったり、結構考えさせることを言っていたりするだけにシュワちゃんが暴れるのとあまり食い合わせが悪いと感じました。気楽にみられるエンタメ映画としても120分はチト長かったです。

  とはいえ、シュワちゃんが同じ画面に2人いて家族のために頑張るだけでニコニコしてしまう映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/02/12 NETFLIX

監督ロジャー・スポティスウッド 
脚本コーマック・ウィバリー 
マリアンヌ・ウィバリー 
出演アーノルド・シュワルツェネッガー 
トニー・ゴールドウィン 
ロバート・デュヴァル 
マイケル・ラパポート 
マイケル・ルーカー 
サラ・ウィンター 
ウェンディ・クルーソン 
ロドニー・ローランド 
テリー・クルーズ 
タイトルとURLをコピーしました