映画【山猫は眠らない8 暗殺者の終幕】感想(ネタバレ)

SNIPER-ASSASSINʼS-END
スポンサーリンク

●こんなお話

 政府要人が暗殺されたので、主人公が濡れ衣着せられて逃走しながら真相を探る話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 中南米の国家の大臣が演説中に何者かに暗殺されて、証拠から容疑者は主人公だとなる。家で14歳とオンラインゲームをしているところに警官隊が突入してくる。

 CIAの取り調べで自分に暗殺の容疑がかかっていて、独自に調査している国家安全保障省の人間の聴取を受けたり。主人公が別の施設に移動中に案の定ロシアンマフィアに襲撃されて護衛皆殺し。秋元才加さん演じる殺し屋が狙撃手としてロシアンマフィアも警官隊も銃撃していく。けど主人公は逃走。

 国家安全保障省の人間が暗殺された大臣とアメリカの製薬会社のCEOとかが繋がりがあることに気付いて製薬会社を調べて、株価を動かして利益を得ようとしている人間がいることがわかってくる。

 主人公は隠遁生活中の父親の元へ行って匿ってもらう。父親がベトナム戦争中のトラウマの話をしてしんみりしたり。

 主人公のもとに警官隊がやってきて父親が交渉しようとするけど、そこに殺し屋が狙撃してきて警官隊と銃撃戦。主人公親子と殺し屋の戦い。

 この山小屋での狙撃対決がこの映画1番面白かったです。死体を撃って銃を暴発させる技術が見ものでした。殺し屋を捕まえる主人公。そしてCIAへ行って尋問して彼女の協力を仰いで、カタキ役の屋敷へ乗り込んでの戦い。主人公が敵に捕まるけど父親がベトナム戦争のトラウマを振り切って息子に当たらないようにカタキ役を狙撃する。

 最後に国家安全保障省の人間が殺し屋に片言の日本語を混ぜつつ話をして殺し屋の目が光るという。

 秋元才加さんが脇役ではなく主役級に活躍していて日本人として嬉しくなるキャラクターでした。お話自体はよくあるものですが、主人公の逃走だけではなく。別のルートで事件を調査する人間がいてどちらかというとそちらが主役みたいな流れなのも話がぶつ切りになるギリギリのところで興味を持たせる作りだったと思います。

 とはいえ主人公の父親が突然ベトナム戦争のトラウマを語ってそれが最後に乗り越える障害の設定にされるのとかいきなりの展開で戸惑いましたが、アクションものとして楽しい1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/04/22 NETFLIX

監督カーレ・アンドリュース 
脚本オリバー・トンプソン 
出演チャド・マイケル・コリンズ 
秋元才加 
トム・ベレンジャー 
ロックリン・マンロー 
ライアン・ロビンス 
サーシャ・ピルツィン 
タイトルとURLをコピーしました