映画【ノー・カントリー】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 ベトナム帰還兵のおじさんが組織の抗争跡で大金を見つけてネコババしたらオカッパの怖い殺し屋に追いかけられる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 組織の大金を偶然ネコババしたら、当然追手がかかって戦うというよくあるジャンル映画的な展開ですが、それを淡々と描くのが斬新でした。アメリカの砂漠も印象に残る砂っぽい映画でした。

 何と言っても殺し屋のインパクトが凄くてターミネーターのように殺人を犯していくのが凄くて、しかもどこに怒りの地雷があるのかわからないのが更に不気味さを増しています。会話してるだけなのにいつ殺されるかわからない恐怖。持ってる武器も見た事のないものでショットガンにサイレンサーをつけるなんて見たことなくて面白かったです。

 コーエン兄弟らしいバイオレンス描写も全開で重たい銃声と吹き出る血の量なんかも迫力あって面白かったです。殺し屋もめちゃくちゃ強いけど、主人公もさすがのベトナム帰還兵だけあってめっちゃ強くて2人の攻防の迫力。更に別の殺し屋がやってきたりギャングの追っ手がやってきたり。その攻防についていけない老保安官。

 殺し屋が主人公の奥さんのもとへやってきて話をする。その後、賭けをして生きるか死ぬかを決める。次のシーンで家の外、家を出てくる殺し屋は靴の裏をマットでふく。おそらく血をふいていて、殺害したのがわかる省略。

 大金に仕掛けられた無線機の精度の高さに驚き、メキシコから戻ろうとする主人公をアメリカの国境警備隊の人が100パーセント怪しい格好の主人公を絶対通さないという態度だったのがベトナム帰還兵だと知ると態度が一変するギャグとかも笑えました。

 構成も不思議で主人公と追手の組織との決着がバッサリとカットされていて、一瞬戸惑う構成なのも感覚がおかしくなるのも独特でよかったです。

 120分、最初から最後まで緊張感いっぱいでラストはスカしてくるオチもコーエン兄弟らしい作風でよかったと思いました。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2010/02/08 Blu-ray 2021/06/28 NETFLIX

監督ジョエル・コーエン 
イーサン・コーエン 
脚本ジョエル・コーエン 
イーサン・コーエン 
原作コーマック・マッカーシー 
出演トミー・リー・ジョーンズ 
ハビエル・バルデム 
ジョシュ・ブローリン 
ウディ・ハレルソン 
ケリー・マクドナルド 
ギャレット・ディラハント 
テス・ハーパー 
タイトルとURLをコピーしました