映画【戦場のメリークリスマス 4K 修復版】感想

Merry Christmas Mr. Lawrence☆☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 日本軍捕虜収容所で日本兵イギリス兵の愛憎の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 ジャワの捕虜収容所を舞台に日本人の兵隊とイギリス人の捕虜が宗教観、死生観の違いをぶつけていく。

 冒頭でオランダ兵捕虜を襲おうとして捕まった朝鮮人軍属をハラ軍曹の一存で処断しようとするところに始まり、ハラ軍曹とロレンスが「なぜ捕まったのに自決しないのか」「捕まるのは恥ではない」と全く違う価値観をぶつけ合っていく。また日本軍のジュネーブ条約を無視した捕虜への虐待。

 ヨノイ大尉がイギリスの空挺部隊でゲリラ戦をしていて捕まったセリアズ捕虜の裁判へ行って、そこでセリアズを処刑せずに収容所へ連れいき、「早く回復させよ」と治療させる。ヨノイ大尉がなぜそこまでセリアズに執着するのか周りは不思議に思う。ヨノイはロレンスとの会話で二・二六事件に参加できなかったことらしいことがわかったり。反抗するセリアズに翻弄されるヨノイ大尉。

 独房に入れられて少年時代を思い出して、弟に対して仕打ちを回想がありイギリスの学校の新入りに対する可愛がりみたいなのとかもなかなかの酷さでした。ここらへんは今までの収容所から画面が一転して変化するので視覚的に面白かったですが、ちょっと長く感じました。

 独房からセリアズとロレンスを独断で出して「自分はサンタクロースだ」と酔っぱらうハラ軍曹なども印象に残るシーンだと思います。あとは有名な捕虜の中に兵器の専門家を出すように言うけど、出さないのでブチ切れて捕虜を殺害しようとして…からのデヴィッド・ボウイのキスシーン。この時のデヴィッド・ボウイの美しさったらなかったです。その後の讃美歌なども印象に残りました。

 派手な見せ場や激しい戦闘シーンなどわかりやすさはあまりないですが、お芝居がメインではない人たちを使った配役やそしてやっぱり教授のメインテーマが流れるだけで無条件に感動してしまうメロディーが素晴らしい映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2021/07/07 キネカ大森

監督大島渚 
脚本大島渚 
ポール・マイヤーズバーグ 
原作ローレンス・ヴァン・デル・ポスト 
製作ジェレミー・トーマス 
出演デイヴィッド・ボウイ 
坂本龍一 
ビートたけし 
トム・コンティ 
ジャック・トンプソン 
内田裕也 
三上寛 
ジョニー大倉 
室田日出男 
戸浦六宏 
金田龍之介 
タイトルとURLをコピーしました