映画【待ち伏せ】感想

matibuseDVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 峠に集まる人たちの話。

●感想

 西部劇のようなカッコいい音楽にオールスターキャストが一同に茶屋に映る序盤は、期待の高まる100点のスタートをきりました。

 ところが、話が進むにつれてグッタリしていきました。一人の役人が盗人を捕まえて、その盗人を悪党たちが取り戻しにくるとわかり。主人公たちが、茶屋で立てこもって大勢と戦うのかと思いきや。

 人物みんなが好き勝手な行動をとるだけで、バラバラに話が進行して退屈でした。石原裕次郎さん演じる渡世人なんて、開始60分でいなくなって。そっからほとんど活躍しないという。一体、何のキャラクターだったのか謎です。茶屋の娘といい感じになる序盤はなんだったのか。

 勝新さんの正体がわかるところも、意外性というより。何で、正体をわざわざあんなまわりくどいやり方で隠していたのか謎で。最初から力押しでいけなかったのか疑問です。

 ただ怒ってるだけで終わる萬屋錦之助さんだけ、異彩を放ってました。スターなのに、小役人って……。

 せっかくのオールスターキャストが何の魅力も発揮せずに終わってしまって残念でした。

☆☆

鑑賞日:2011/01/27 DVD

監督稲垣浩 
脚本藤木弓 
小国英雄 
高岩肇 
宮川一郎 
出演三船敏郎 
石原裕次郎 
勝新太郎 
中村錦之助 
浅丘ルリ子 
タイトルとURLをコピーしました