映画【妖星ゴラス】感想

Gorath Netflix

●こんなお話

 地球の6000倍の質量の妖星ゴラスが地球に衝突するので、地球を動かしてよけようとする人類のプロジェクトの話。

●感想

 地球に彗星が衝突するってんで、彗星の破壊のためのロケットの作戦と地球自体を南極にロケットをつけて動かしてしまおうというあまりにもスペクタクルな設定そのものが面白く、人類の対立をやめて各国の機密情報を共有して生き残りをかけるという人類の素晴らしさも勉強になる映画でした。

 そして南極基地建設やクライマックスのゴラス接近に伴う天変地異での高潮や山崩れなどは見ものでハラハラドキドキできる見せ場として機能していて素晴らしかったです。

 彗星破壊するパイロットたちがものすごく軟派な人たちで緊張感がなく、彼らが人類を救う男たちなのかと残念な気持ちになります。メインの男性はロボットの着ぐるみを着てサンドイッチマンをやっているのとか一体何だったのだろうという人間でした。そして南極基地のピンチとしての設定がいきなりの怪獣登場というのが何の脈絡なく登場するので戸惑うという。しかも簡単に駆除されて終わりなので、見せ場としてもいまいちな障害でした。

 科学考証とかも本当っぽくて地球を動かすというありえない設定もリアリティーあるように見えるのはさすがでSF映画としての魅力が詰まった1本だと思いました。

☆☆☆

鑑賞日:2021/05/03 NETFLIX

監督本多猪四郎 
特技監督円谷英二 
脚色木村武 
原案丘美丈二郎 
出演池部良 
上原謙 
志村喬 
坂下文夫 
白川由美 
水野久美 
佐々木孝丸 
小沢栄太郎 
河津清三郎 
西村晃 
佐多契子 
田崎潤 
桐野洋雄 
鈴木孝次 
今井和雄 
大前亘 
荒木保夫 
山田彰 
鈴木友輔 
平田昭彦 
佐原健二 
久保明 
0
タイトルとURLをコピーしました