映画【リーサル・ストーム】感想

Force of Nature☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 巨大ハリケーンが襲ってくる最中のマンションで何人か残った住民たちを避難させる警官などに残っているところに武装強盗団が襲ってくる話。

●感想

 嵐が襲ってきてマンションに武装集団がやってきて、警官たちが頑張るという。「要塞警察」や「ダイ・ハード」な閉ざされた空間ものに嵐があわさるディザスターものまでミックスされた面白さ、さらにアニマルパニックものまでという期待の高まる設定でした。でしたが、面白いのはその設定くらいで残念な印象しか残らなかったです。

 「餌をあげないと」とペットを飼ってると言っていた住民の部屋にいる動物がどんな猛獣なんだと驚きのパワーの持ち主で「警官の制服を襲うようにしている」という謎のトレーニングをさせられているのとかその時点でオチが想定できるニコニコの設定でした。

 物語の本編が始まるまでが結構長くて、主人公の傷ついた回想が描かれてそこから現在になってカテゴリー5のハリケーンが来るってんで住民を避難させて、マンションに行ってそこでメインのキャラクターたちの出会いがある。そこにプラスして強盗団の紹介パートの最初の強盗があって…と、1幕目からダラダラさを感じ冗長でした。

 やっとこさ襲撃が始まっても狭いマンションなのか広いのかもわからず、だた狭い廊下を歩き回っているだけなので、敵がどこから出てくるのかとか近いのか遠いのかとかもわからないため閉鎖空間の面白さみたいなものは感じなかったです。

 アクションシーン自体もぶん殴りあっているだけなので、なぜ勝った負けたかの面白さも特になく。高いところから落ちても撃たれても強い主人公たちといういわゆるツッコミどころが気になったり目がいってしまうアクションシーンでした。

 そこからアクションシーンの合間に主人公の冒頭の誤射事件の悩みや傷。黒人の警官から受けた酷い差別やナチスの息子の生きづらさなど社会問題が挟み込まれますが、この手のジャンル映画としては社会問題というよりただ冗長なだけに感じました。

 そしてメル・ギブソン御大はずっとせき込んでヨレヨレの中、一瞬拳銃をぶっ放す見せ場があるだけで、小さい防弾チョッキが意味がないまま弱っていくのが悲しかったです。

 それに仕方ないとはいえ、邦題の「リーサル・ストーム」というのがどうしたもんだろうと哀愁を感じる邦題でした。

☆☆

鑑賞日:2021/03/01 T・ジョイPRINCE品川

監督マイケル・ポーリッシュ 
脚本コーリー・ミラー 
出演メル・ギブソン 
ケイト・ボスワース 
エミール・ハーシュ 
デヴィッド・ザヤス 
ステファニー・カヨ 
ウィル・キャトレット 
タイトルとURLをコピーしました