ドラマ【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3】感想

Amazonプライム

●こんなお話

 コミュニティにたどり着いたり、ダムにたどり着いたりした主人公たちのサバイバルの話。

●感想

 終末感がだいぶ進んで本編の【ウォーキング・デッド】に近い世界になって、画面としてのスケールも大きくなって前2シーズンよりは楽しく見ることができました。

 白人至上主義者の村にたどり着いた主人公たちがそこの人間関係にやっぱりトラブルが起こったりして。新たに先住民との対立など、様々な問題が起こって退屈はあまりしなかったです。先住民やダムの利権などいくつか舞台が移り変わって、前のシーズンではなかったテンポやスピード感が重視されていると思いました。

 ただやっぱり主人公のお母さんが「家族のためなら」という理由でバンバン独断専行したりして、交渉で上手いこと周りがやろうとするのを実力行使に出て大きくなっていくのとか、サバイバルのため、致し方ないのかもしれないですが。それでも好きになれない主人公でした。にしてもこの家族、あっちが出ていってやっと戻ってきたと思ったら、アッが出ていってと問題だらけで教育が間違っていると心配してしまう家族でした。詐欺師のストランドとかも一体何がしたいのかという行動の動機がわかりにくかったり、元特殊部隊だかのおじいさんのダニエルも強いんだか弱いんだか話によって変わっていたして、いまいち飲み込みにくいところもありました。

 テンポやスピード感がありすぎなのか、それにさっきまで結構凄惨な殺し合いしていたキャラクターたちが結構簡単に絆を深めていくので、あんまり共感などがしにくいキャラクターの関係性でした。後半のダムを舞台にしてからは、いきなりギャングのボスみたいなのが出てきて、ダムでの銃撃戦が始まってとか、いきなりすぎて誰が敵味方なのかとかわかなかったです。ラストのほうに入る主人公の空想のクリスマスを楽しむキャラクター達いるのか? と謎のシーンが入ったりしてわかりにくいところもありました。

 とはいえ、新たなコミュニティ、先住民との戦い、ダムの攻防、いろいろあって楽しいシーズンでした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/05/01 Amazonプライム・ビデオ

出演者

キム・ディケンズ

フランク・ディレイン

アリシア・デブナム・キャリー

メルセデス・マソーン

コールマン・ドミンゴ

ルーベン・ブラデス

クリフ・カーティス

ダナイ・ガルシア

0
タイトルとURLをコピーしました