映画【ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス】感想(ネタバレ)

DOCTOR STRANGE IN THE MULTIVERSE OF MADNESS
スポンサーリンク

●こんなお話

 何やら禁断の書高の書物を巡ってみんなで奪い合う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 CGの世界で主人公と少女が何か怪物に追いかけられていてスペイン語とか話しながら逃げている。目の前に光っている書物があってそれを取られないようにしてドッカンバッカンと戦いがあって少女が時空の切れ目に飛ばされる。その夢を見て目覚める主人公。

 1作目のヒロインが結婚式するってんでそれに参加してたら、街でオオダコみたいな怪物が暴れていて、冒頭の夢の少女が逃げていて助ける主人公。ここのオオダコとの戦いが怪獣バトルとして楽しく、個人的に映画で1番面白いアクションでした。

 彼女を主人公たちの寺院に匿って、ワンダヴィジョンに助けを求めたら、彼女が知らないはずの固有名詞を語るうっかりミスをして彼女こそ追いかけてきてる人物だと判明して、彼女が少女の力を使って自分の息子たちと幸せに暮らしたいだかで追いかけてくる。

 寺院で僧侶たちがワンダヴィジョンとバトルしたり、別次元に飛ばされた主人公が元に戻ろうと他の次元で頑張ったり、ワンダヴィジョンが手がかりをもとに主人公のもとに追いかけてこようとする。

 基本会話シーンは本当にただ情報を提供される説明にしかなっておらず、結構退屈の時間が多かったです。しかも知らない固有名詞が連発するので眠たい時間多めでした。

 冒頭で死んだストレンジの身体を操ってゾンビストレンジがクライマックスでカタキ役に挑むとかもどうしてそういう流れになったのかというのとかボーっと見てたらよくわからなかったです。デーモンみたいな存在とかもなんだったのだろう? という。途中で出てくる別次元のヒーローチームとかも急にいて急に戦って急に退場していくという。知らない人たちが知らない理由で戦うのを見ても何の感情も動かないんだなと勉強になりました。

 基本、カタキ役が暴れてみんな死んで逃げての繰り返しの構成。あいまに説明の台詞劇。というもので、カタキ役の悲しさとか正直どうでもいいなと感情移入なども特になく。

 主人公と少女の友情や絆みたいなものも正直入り込めず、いつの間にか絆が深まっていて感動的になっているというだけでCGアニメーションのめくるめく映像は楽しいですが、目がチカチカして見せ場もどんどんどうでもよくなっていっちゃいます。

 ちょっと120分の上映時間が長く感じる全体的には退屈な1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/05/17 TOHOシネマズ日比谷

監督サム・ライミ 
脚本マイケル・ウォルドロン 
出演ベネディクト・カンバーバッチ 
エリザベス・オルセン 
ベネディクト・ウォン 
レイチェル・マクアダムス 
キウェテル・イジョフォー 
ソーチー・ゴメス 
マイケル・スタールバーグ 
タイトルとURLをコピーしました