映画【県警対組織暴力】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ヤクザみたいな警察とヤクザが対立しながらも癒着もしてたりする話。

●感想

 冒頭、いきなりヤクザをぶん殴ってダンヒルを奪って自分の食事代も払わせる無茶苦茶な主人公の警官。やってることはヤクザと変わらないです。
 その後も政治家や警察の上層部から末端までヤクザと持ちつ持たれつな関係が凄いことになってます。警察が突入してきたら、その警察が乗ってきたパトカーで逃げたりするのが笑えました。しかもこれが実際にあったことだというのが更に凄いです。

 主人公が昔からの知り合いのヤクザと持ちつ持たれつの関係で過ごしてきたけど、警察がヤクザの抗争が本格的になって対策を強めていくあたりから、主人公の盟友のヤクザと対立していきます。
 主人公の警察の菅原文太さんは地元のヤクザの松形弘樹さんとできていて、敵対する組織をつぶすためにいろいろ都合をつけてやる。菅原文太さんが敵対するヤクザの組員を取調室でボッコボコにする暴力シーンなんかも見てて笑ってしまうようなシーンですが、実際にあるから驚きです。
 佐野浅夫さん演じる刑事さんは人妻とできていてホテル代なんかをヤクザにもってもらったりして。

 エリートの梅宮辰夫さんが出てきてから関係が崩れ始めて、刑事たちとヤクザの癒着を暴露していって文太さんと松方さんの蜜月が終わっていく。地元警察とヤクザの間に県警が割って入ってくる。けど県警も実際は他の組とつるんでたりしちゃったり。

 梅宮さんが仕事を終えてカレーを食べてると文太さんが「海田さん、あんた年はなんぼじゃ?」。「31だが」。「じゃったら、日本が戦争に負けたときは10じゃろうが。あの頃はの上は天皇陛下から下は赤ん坊まで、みんな横流しのヤミ米喰らって生きとったんで!」の台詞はこの映画のハイライトだと思いました。
 みんなヤミ米を食べていた。それは罪じゃないかと。それを清算しないで何をきれいごと言ってるんだという。

 そしてクライマックスでの銃撃戦が終わって、エリートの梅宮さんは天下りをしてサラリーマンとして生活している。文太さんは交番勤務になって、雨の中トラックに……。
 この時の犯人が明らかにされていませんが、松方さんの子分か事情を知っている文太さんが目障りと思った梅宮さんの思惑か……。

 100分間の中にいろんな要素てんこもりでジェットコースタームービーで面白かったです。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2014/12/01 DVD

監督深作欣二 
脚本笠原和夫 
出演菅原文太 
梅宮辰夫 
佐野浅夫 
山城新伍 
汐路章 
林彰太郎 
有川正治 
森源太郎 
藤岡重慶 
北村英三 
笹木俊志 
鈴木瑞穂 
中村錦司 
鈴木康弘 
松方弘樹 
遠藤太津朗 
室田日出男 
0
タイトルとURLをコピーしました