映画【追龍】感想

Chasing the Dragon DVDorBD

●こんなお話

 1960年の香港で黒社会で成り上がる男と彼を世話する警官が麻薬ビジネスとか英国人と対立する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 独特の色味が印象的でセピア色っぽかったり青や茶色だったりが強く出ている映像でした。1960年から始まる香港の舞台の美術や衣装も見ていて楽しいごちゃごちゃ感がありました。そこに犯罪者たちの友情や裏切りが面白かったです。

 ドニー・イェン演じる主人公が中国本土からやってきて普通に働くより喧嘩のほうが儲かると仲間たちと100人VS100人の喧嘩に参加をきっかけに英国人から助けるアンディ・ラウの警官と知り合って、共存関係になる。香港人同士の揉め事があったりしつつ、アンディ・ラウも黒社会と繋がって偉くなっていく。そんな中、警察も手が出せないという九龍城砦での揉め事でアンディ・ラウがピンチになっての狭い路地での追いかけっこ。この九龍城砦の美術なんかも素晴らしかったです。

 どんどんと勢力拡大していくけれど、本土から呼び寄せた奥さんが移動途中で…だったり、仲間たちが次々殺されていったり。奥さんの描写が突然すぎて、最初に殴られて意識を失ったときに回想で出てきたり、いきなり不法移民的な移動で出てきたりとどういうキャラクターなのかよくわからなかったり。後半で出てくる二重スパイの女性がドニー・イェンが昔育ててうんぬんとかもいきなりすぎて戸惑う女性キャラクター達の描かれ方なのが戸惑う演出でした。

 タイでの麻薬交渉もハラハラドキドキできるサスペンス性があってよかったです。

 傍若無人な英国人たちに立ち向かう香港人たちが熱くて、クライマックスの戦いも急にカタキ役たちが集合してたりといきなり感がありますが、1人ずつやっつけていく爽快感がありました。とはいえ単純に復讐してもむなしいだけという描き方もよかったです。

 ちょっと2時間越えは長くもないかな? と感じましたが、ドニー・イェンの喧嘩とアンディ・ラウのスーツ姿がかっこ良い映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/11/21 DVD

監督バリー・ウォン 
ジェイソン・クワン 
脚本バリー・ウォン 
出演ドニー・イェン 
アンディ・ラウ 
フィリップ・キョン 
ケント・チェン 
ユー・カン 
フェリックス・ウォン 
0
タイトルとURLをコピーしました