映画【破壊!】感想

DVDorBD

●こんなお話

 刑事が警察上層部や麻薬組織と戦う話。

●感想

 刑事の中でも殺人課とかでなく風紀課という売春とかを取り締まる刑事2人。1人はヒゲすごいしスタジャン着て、全く刑事っぽくない。どこか疲れた感じだけど、狙った相手を絶対に逃がさず地道に捜査する。カッコよすぎです。

 話は風紀課の刑事2人が、売春の事件を追いかけるうちに暗黒街のボスを追い詰めるけど。案の定、警察の偉い人とかにも繋がりがあって妨害を受けつつ意地でも追い詰めていく。

 この映画の面白いところは、刑事2人の魅力で。この2人の漫才のような掛け合い。冒頭の歯医者から笑えるもので最高です。情けないところがカッコいいです。
 ボコボコにされたりもしますが、ボスを執念で追いかけていく。なんで、そこまでという気持ちになりますが、主人公たちはボスの周囲を1つずつ潰して追い込んでいきます。

 普段は軽口ばかり叩いて、本気ではない感じなのに。行動は自分たちが追い込まれれば執念で相手を潰していく。

 刑事2人の魅力とあとは何と言ってもアクションシーンの魅力も素晴らしくて、中盤の追いかけっこからのスーパーマーケットの銃撃戦。カメラがグイグイ動いて、その対象のとらえ方、躍動感が見たことないようなカメラワークでカッコよさ倍増です。そして階段を転がりながら追いかける主人公。そんな刑事も見た事ないです。
 クライマックスの救急車のカーチェイスも、カメラ地面に当たっちゃうんじゃないかな? ってくらい地面スレスレで凄いことなってます。

 そしてネタバレですが、ボスを追いつめて拳銃を向ける主人公。ボスが「俺を捕まえても1年くらいでまた出所だぜ」と余裕なボス。そこで物語はおしまい。
 スタッフロールが流れて、主人公が刑事を辞めたことがわかります。結局、犯人を捕まえても今の司法制度だと何も変わらず嫌気がさして辞めてしまったという主人公。何ともやるせない終わりで、犯人の射殺して終わり捕まえて終わりという勧善懲悪ものではない映画なのもよかったです。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2013/04/05 DVD

監督ピーター・ハイアムズ 
脚本ピーター・ハイアムズ 
出演エリオット・グールド 
ロバート・ブレーク 
アレン・ガーフィールド 
アントニオ・ファーガス 
マイケル・ラーナー 
コーネリア・シャープ
0
タイトルとURLをコピーしました