映画【ビジターQ】感想(ネタバレ)

Bijitâ Q
スポンサーリンク

●こんなお話

 なかなかぶっ飛んだ家族の話。

●感想

 冒頭、全裸の遠藤憲一さんが女子高生と援助交際をしているというだけで10分近く延々と映し出されます。「本番5万円」と言われて、いざ本番を始めたら「早漏!」と罵られる。
 終わって遠藤憲一さんが「こんなことしてはダメだ」と説教を始めたり。

 一体この映画は何なんだと戸惑いながら見て行くと、2人は親子だというのがわかる。いきなり近親相姦から始まり、その後、息子の家庭内暴力、母親の薬物中毒、SMにレイプ、果ては殺人から死姦まで。これでもかという問題を詰め込んだ家族がデジタルカメラの画質の中で映し出されていきます。

 見て行くと、物語は取材中に若者グループにお尻の穴にマイクを突っ込まれてしまうという失態を犯して失職してしまう。お尻を全開にする遠藤憲一さんという姿を見られるのもこの映画だけだと思います。
 この主人公が駅にいると、いきなり頭をブロックを持った男にでぶん殴られる。この男が居候を始める。この男も最後まで何者かわからず、最初から最後まで特に何もしないです。

 奥さんは息子の家庭内暴力で身体が傷だらけになりながら、薬物中毒でそのお金のために売春をしている。息子も家では暴力をふるうけど同級生からいじめられてます。そのいじめも家がぶっ壊れるくらいの花火を撃ち込まれてるのが凄いです。
 息子のいじめを取材にしようと始める主人公。同僚の女性キャスターが拒否すると怒って思わず殺害してしまう。その死体の処理中にあることを始めるのが衝撃でした。主人公のさすがのレポート魂……。「すごいです! 死んでるのに濡れています。人間の神秘です!」には不覚にも笑ってしまいました。その後、なぜ濡れているのかがわかるのも衝撃です。 
 息子のいじめ相手である同級生に襲い掛かるときの「祭りだ! 祭りだ! よいしょ~よいしょ~」のときの遠藤憲一さんの表情……。

 遠藤憲一さんも素晴らしいですが、奥さんの内田春菊さんの熱演も凄くて。母乳で最後を締めくくられるのもとんでもなかったです。

 ちょっと息子のドキュメンタリーを始めるまでの登場人物の紹介がチト長いかなと思いますが、エログロで意味不明な映画で頭がクラクラしますが。見た事のない映画で凄かったです。

☆☆☆

鑑賞日:2014/05/05 DVD

監督三池崇史 
脚本江良至 
出演遠藤憲一 
内田春菊 
渡辺一志 
中原翔子 
不二子 
武藤洵 
鈴木一功 
タイトルとURLをコピーしました