映画【ふしぎの国のアリス】感想(ネタバレ)

Alice-in-Wonderland-(1951)
スポンサーリンク

●こんなお話

 白うさぎを追いかけて不思議の国に迷い込む人の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 遠いところにお城があって手前でほんの読み聞かせをしている姉がいて主人公のアリス。絵がない本は退屈と聞く気がない。アリスのまえに白うさぎが懐中時計を見ながら走っているのを追いかける。

 木の中を追いかけたら大きな穴に落下してしまって脱出する旅が始まって、クッキーを食べたりして大きくなったり小さくなったりして自分の涙に流されてワンダーランドへたどり着く。

 不思議の国の住民たちと次から次に出会っていきます。双子みたいなキャラクターが歌って知らない人の回想を見せたり、姿を消すチュシャ猫と出会ったりして、知らないおじさんのお茶会で全く話を聞いてくれず質問攻勢される時間があったり。

 赤の女王という強権的独裁的な女王様とスポーツ対決したりして気に入られたかなと思ったら、なんやかんやで裁判にかけられて死刑判決をうけてしまう。逃走して最初の扉の前にたどり着いてやっとこさ外に出ると寝ているアリスが姉に声をかけられて現実世界に戻るのであったという。

 一体目の前で起こっていることは何なのだという摩訶不思議なアドベンチャーが繰り広げられて、次から次に展開があっち行ったりこっち行ったりとするのでついていけずに目の前でアリスが出会うキャラクターたちの問いかけや歌を浴びる70分でした。

 喋るウサギを追いかけて穴に落ちていても冷静沈着な主人公で目の前の出来事をうけとめる器のでかさ、自分の涙でおぼれそうになったりでかくなったり小さくなったりとしてもすべてを受け止めて楽しむエンジョイするということを教えてくれる1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/12/04 DVD

監督クライド・ジェロニミ 
ハミルトン・S・ラスク 
ウィルフレッド・ジャクソン 
原作ルイス・キャロル 
出演(声)キャサリン・ボーモント 
ビル・トンプソン 
ヴェルナ・フェルトン 
エド・ウィン 
ジェリー・コロンナ 
スターリング・ホロウェイ 
タイトルとURLをコピーしました