映画【紅の豚】感想(ネタバレ)

Porco Rosso
スポンサーリンク

●こんなお話

 飛行艇乗りたちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 休息していた主人公が空賊が現れたという連絡を受けて出動。空賊が女の子たちを誘拐したので彼女たちを救出。その夜、ホテルに空賊たちが集まって主人公が邪魔なので凄腕のパイロットのアメリカ人を雇う。主人公もやってきてホテルのオーナーと話したり。

 主人公の飛行艇がボロボロなので修理しに行こうと移動してたらアメリカ人に襲撃されて撃墜されてしまう。旧知の仲の修理工場へ向かって、そこの孫娘が修理の責任者となって女性たち大集合で主人公の飛行艇を修理する。秘密警察が主人公をマークしているので孫娘を人質ということにして孫娘も主人公と一緒に行動することに。

 追手を振り切ってアジトに帰ったら空賊たちが襲撃してくる。そしてアメリカ人が孫娘に惚れてしまって主人公に一対一の決闘を申し込み勝ったら孫娘をもらうということに。その夜に主人公が孫娘に昔話を聞かせて、決闘で盛り上がる人々。

 空中戦をやって、最後はボクシング。結果主人公が勝って、孫娘をホテルのオーナーに預けておしまいという。

 冒頭の主人公が出動するところから飛行艇を操縦する細かい表現が楽しく、いろんなレバーとかをギコギコ動かすのとかが気持ちのいい表現だったと思います。

 欲を言えば、クライマックスが空中戦からのズッコケで殴り合いになるというのは笑えますが、拍子抜けにも感じてしまう流れでした。

 とはいえ敵も味方も登場人物皆さん魅力的で気持ちのいい人物たちを見ていて楽しい1本でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2022/11/03 DVD

監督宮崎駿 
脚本宮崎駿 
原作宮崎駿 
出演森山周一郎 
加藤登紀子 
岡村明美 
大塚明夫 
関弘子 
桂三枝 
上條恒彦 
タイトルとURLをコピーしました